日本人の多くが良質な睡眠を取れず、慢性的な睡眠不足になっており
仕事に影響が出てしまうなどの問題を抱えています。
寝不足になっている本人はあまり気が付いていないことが多いですが、
良質な睡眠がとれていないと体のあちこちで不具合が発生するリスクが高まります。

今回紹介する治験は、珍しい睡眠関係の治験となります。
寝ていてもすっきりしない、寝付けない、眠りが浅いといった睡眠障害に近いような
症状を持っている人を対象にした治験です。

試験の内容は自宅で健康食品を1日1回3錠飲む短期モニターとなります。
事前検診は1回、本試験は2回となっていますが、いずれも土曜通院のため
サラリーマンのように平日の参加が難しい人でも治験を受けることができます。
事前検診、本試験ともに2時間~2時間半程度の所要時間となっており、
身体的な負担も殆どありません。

参加条件は以下のようになっています。

・24時までに就寝する習慣があること
・寝ても疲れが取れない
・朝スッキリと起きれない
・夜中に何度も目が覚める
・なかなか寝付けない
・眠りが浅い
・他の臨床試験、モニターに参加もしくは予約していない
・性別:男女
・年齢:30~49歳
・BMI値:29以下

睡眠に不満がある人を対象とした治験は稀に見受けられますが、
この治験のように土曜通院というのは明らかにサラリーマンなど働いている人を、
ターゲットにしていることが分かる治験と言えます。