2017年4月の記事一覧

生活向上WEBではBMI28-35の肥満体型で悩んでいる方を
対象とした治験の募集が行われています。
試験品を使った際のダイエット効果を確認するというもので
今までにないダイエット製品を試せるチャンスです。

募集対象は女性のみで、年齢は30歳~49歳。
中年の女性が対象ということですね。
この年令は基礎代謝が落ちるため、今まで痩せていたという人でも
急に太りやすくなりますし、普通にダイエットをしても痩せにくくなります。
産後に太ってしまって体重が全然戻らない!なんて人も多いですよね。

実施場所は東京で試験は通院試験で、毎日web日誌を入力する必要があります。
新しいダイエットグッズを試して、日記を書く。
これだけなので、とっても簡単ですよね。
ちょっとしたお小遣いも貰えて、ダイエットにもなる治験なんて嬉しいですね。

事前のCT検査、本試験と何度か平日に通わなくてはいけないことや
コンスタントに日記の記入が求められることから
比較的時間が自由になるパートで働いている方や
専業主婦向けの治験と言えるでしょうか。

参加条件は現在病気などで通院・薬剤を服用していないこと。
日本国籍で日本人であること。
(ハーフやクォーターではないこと。これは標準的な日本人の
代謝に合わせたデータが欲しいということでしょう)
普段の運動量が少ない方。
毎日日記が書ける方。
入れ墨・タトゥーがない方となっているので
比較的条件の緩い治験という印象です。

この機会にダイエットに取り組んでみませんか?
治験でもらえる報酬はボランティアとして手渡しでもらえるため、会社にバレにくいと
言われていますが、会社の規定によっては副業とみなされることがありますので
注意しなければいけません。

そもそも治験で得た報酬というのは、ボランティアだとしても課税対象になりますので
20万円までは雑収入として処理すれば非課税となりますが、それを超えた分については
課税されることになります。
そのため、20万円を超えているかに関係なく確定申告をしておくべきでしょう。

会社にバレにくいのはどうしてか、それは報酬を現金で手渡しでもらえるだけでなく
給与扱いではなく源泉徴収されないからです。
ただ20万円を超える場合は住民税が加算されることになりますから、確定申告をしても
出来る経理担当者の場合は副業していることがバレてしまいます。

それを100%防ぐことは難しいですが、確定申告するときに治験で受け取った報酬分だけの
住民税を自分で払う設定にしておけば会社に通知が行くリスクを防げます。
ただこれも100%確実ではなく、自治体によって仕組みがことなることがありますので
絶対にバレないというわけではありません。

全体的にみると20万円以下であれば口が滑らない限りは、バレることはないでしょう。
20万円を超えると税金が発生するので、バレるリスクが一気に高まります。
20万円以下に抑えるか、バレるリスクを背負ったまま20万円以上稼ぐかは
自分で決断するしかありません。
ちなみに20万円を超えているのに、確定申告せず税務署からチェックが入った場合は
追徴課税などのペナルティを受けることになりますので安易に考えるのは辞めましょう。

このページの上部へ