日本では一昔前からプチ整形が流行しています。
中でも皮下に注射することでアンチエイジング効果を発揮する、
フィラー注射が手軽で効果がすぐに表れることからもメジャーな
プチ整形となっていて、中でもヒアルロン酸は有名かもしれません。

ただ、国内で出回っているこれらのフィラー注射の大半は
未承認とされておて医師の判断の元で使用されるのが原則となっています。
問題となるのは医師が営利目的で患者に対して無責任な処置を行い、
それが元となってトラブルが発生することです。

しかもトラブルが発生しても未承認が大半なので公的な救済を
受けることが出来ないのが現状です。
ヒアルロン酸の注射はメジャーだし処置件数も多いので安心!だと思うのは
安易な考え方です。

ヒアルロン酸そのものは注射後、しばらくすれば体内に吸収されますが
それらを定着させるために含んでいる成分として非吸収成分があります。
これらは注射したあとも体内に吸収されずに残存するために、
肌に対してどのような影響があるかは経過を見なければわかりません。

処置を受ける患者側としてできることは、リスクについて十分な説明を
医師側がしてくれるかどうかという点です。
具体的な説明をせずに安心ですよ、未承認でも大丈夫ですよと言うような
あいまいな話で終わるような医療機関は絶対に避けましょう。
そういった医療機関で問題が起こった場合、責任の所在などがハッキリせず
被害を受けた側が泣き寝入りすることになりかねません。