アトピーは根本的な治療の難しい病気と言われています。
実際、対症療法が殆どで痒みを抑えたり炎症を鎮めるために、
ステロイド剤を使うケースが多くあります。
ステロイド剤は有効に作用する反面、日本ではステロイドバッシングなどがあり
患者が使用を拒むことも少なくありません。

そうなると症状は悪化する一方になり改善どころではありません。
そのような患者に対し有効とされているのが免疫抑制剤です。
アトピーは免疫系が過剰に反応することで炎症を起こしてしまうことが
分かっており、免疫抑制剤を使うことで症状が緩和されます。

この免疫抑制剤には内服薬または塗り薬があり、どちらもアトピーや
乾癬などの皮膚疾患に有効に働くことが分かっています。
免疫抑制剤と言うと、臓器移植を行った人が一生をかけて飲む薬という
イメージがあり免疫を抑制することで他の病気にかかりやすくなるという
ことばかりが先行したイメージになっているかもしれません。

アトピーに使う免疫抑制剤も同じように他の皮膚疾患などを誘発する
可能性は否定できませんが、患部をしっかりと清潔にすることで
そのリスクを低下させることができます。
免疫抑制剤による治療は、アトピーの最大の問題とされている
「かゆみ」も低減させる効果があるとして今後の治療薬として期待されています。

既に使用している人は、痛みや腫れ、熱を帯びるような症状が出る場合は
直ぐに医師に相談しなければなりません。