中国製の保湿クリームに配合が禁止されている未承認のステロイド成分が
含まれていることがわかりました。
購入者からの情報提供により都が成分分析した結果、判明しましたが
継続して使用すると副作用として緑内障を引き起こす可能性もあるとのことで、
購入者に対し保湿クリームの使用中止と医師への相談を呼びかけているようです。

100個ほどを販売したということですが、今のところ健康被害はないようです。
ただ、1992年から販売していたので過去の分については
健康被害があったのかどうかはわからないとのことで、心配ですね。

販売している会社は「日中友好開発」という社名ですが、何が友好なのでしょうか。
ステロイドは色んな種類があって人によっては大変なことになるわけです、
そんなものを混ぜ込むというのは何らかの意図があったとしか思えません。

美容に効果があると考えてのことかもしれませんけど、
よりにもよってステロイド成分って酷すぎます。
日中友好が聞いてあきれますが、本当に健康被害が無かったのか心配です。
まさか保湿クリームにそんな違法な成分が入っているとは思いませんからね。

今後は、化粧品についてもどこで作られたものなのか、どんな成分が含まれているのか
そういったことを購入者が自発的にチェックしていく必要がありそうです。
今回の件もたまたま発覚したのか、何かの内部告発なのかはわかりませんが
他にも同じような商品があるのは間違いないと言えるでしょう。
抜き打ちで調査するような仕組みがあっても良いと思います。