治験で報酬として得られる負担軽減費は所得のうち雑費として分類されます。
給与所得ではありませんので、額が少なくても確定申告しなければなりません。
よく雑費は20万円までなら確定申告しなくてもいいと思っている人がいますが、
それは間違っています。
確定申告は事業所いわるゆ会社から給与所得以外に収入が発生している場合は、
例外はありますが基本的に行わなければなりません。
確かに20万円以下の雑費のみが発生している場合は、確定申告をしてもしなくても
最終的な所得税や住民税に変動はありません。
しかし、確定申告の内容が正しいかどうかは個人が判断するわけではなく、
国税である税務署が判断します。
そのためにも確定申告は行う必要があるわけです。

治験の報酬は他のバイトと違って金額が大きくなる傾向にありますので、
20万円を超えてしまうことも多いと考えられます。
その場合に確定申告を行わなければ、脱税として取り扱われる可能性もあります。
大半は修正申告という形で処理され、支払っていない分の税金を納めることになります。
バレないと思っているかもしれませんが、治験を行っている企業からはアナタにいくら支払った
ということをしっかりと報告していますのでバレないと考えるのは辞めましょう。
面倒かもしれませんが、税務署に問い合わせすればどのようにすればいいかは分かりますので、
疑問があれば相談してみるといいでしょう。
思っているよりも簡単に出来てしまうのが確定申告ですので、面倒だからとやらないままで
後から痛い目を見ないようにしてください。