治験を行う場合、ウォッシュアウトを考慮する必要があります。
これを「治験のウォッシュアウト」と呼んでいて、
治験を行うために、それまでに使っていた治療薬の影響を除去するために、
薬を全く使わない期間を設けます。
この薬を使わない期間を「治験のウォッシュアウト」と言います。
単純に休薬期間とも言います。

これは治験で使用する薬の効果を正確に得ることももちろんですが、
残存薬と新たに使う治験薬との相互作用によって発生する副作用を
未然に防止する目的もあります。
そのため、ある種の治験を受けた後は連続して別の治験を受けることは出来ません。
もしこれを偽って治験を受けるようなことがあれば、それが発覚した時点で
治験対象から外されます。
場合によっては損害賠償などの対象にもなりかねません。

正確な治験データを収集するためにも、ウォッシュアウトは重要ですので
偽ることの無いようにしてください。
当然ですが、処方薬はもちろんですが市販薬についてもウォッシュアウトの
対象となります。
このように、治験は正確な結果を得るために細かな規約を設けています。
それだけ治験が厳格な規約の上で行われていることを理解しましょう。
治験バイトに参加するのはボランティア的な要素も含まれており、
非常に大事な事ですから、安易にお金儲けができる!という感覚で
参加すると予想以上のしっぺ返しを食らうことになります。
治験とはあくまでも善意の上に成り立っていることを忘れてはいけません。