インターネットなどでは海外の医薬品で日本では未認可の薬でも、
購入できるサイトが存在しています。
これは個人輸入の代行という形で海外から薬を取り寄せているもので、
法的な問題はありません。
当然ですが日本国内で使用が禁止されている薬物などは違法になります。

海外ではジェネリック医薬品が進んでいて安価で薬を購入できる環境にありますが、
日本では厚生労働省の認可がないと国内で薬を販売できませんし、
認可を得るためには研究費がかかるため海外に比べるとジェネリック医薬品でも
それなりの値段で販売することになります。
それに比べると海外医薬品は安価で、国内で認可されていない薬を試すことが出来る
というメリットがあり一部の患者さんは購入されているようです。

ただ、メリットだけかというとそうではありません。
厚生労働省も海外医薬品の個人輸入については危険性を指摘しています。
一番危惧されるのがその品質です。
どのような環境で製造されたのか、薬としての効果があるのか
偽造品ではないかといったような危険性です。
薬ですから場合によっては副作用の発生も考えられますが、個人輸入した場合は
そのリスクが格段に高まると厚生労働省では警告しています。
個人で購入する際には、製造元が確認できているか安全な薬であるかなど
自己責任で購入し使用することが前提となります。
違法ではありませんが、それなりのリスクがあることを知る必要があります。