プラシーボ効果っていう薬を飲む時の体の反応があります。
これは病気や怪我などの症状に効果があると言われて、
全く効果のないものを飲んだり塗ったりしても
ある一定の効果を見せることがあると言うものです。
実際にはその薬が効果を発揮しているのではなく、
薬だと思い込むことによって自然治癒力が増加していると考えられます。
これをプラシーボ効果と言います。

不思議なもので風邪薬でないものを風邪薬だと言われて飲むと、
本当に風邪が改善するというのだからすごいですよね。
薬=効果のあるモノという思い込みから来るものですが、
それだけで効果があるというのは本当に不思議でなりません。
プラシーボ効果を狙った治療は実際の医療現場でも行われていて、
医学的にも認められているものでトンデモ民間療法ではありません。

個人的には思い込むことで治癒効果があるということなので、
ちょっと体調が悪いときなどは薬じゃないものでも薬だと思って
摂取するようにしています。
これで効果があるかどうかまでは定かではありませんが、
何となくプラシーボ効果に近い気がするんですよね。
効果のある薬を飲んで治療できればそれに越したことはありませんが、
薬には副作用などもありますので自然治癒力で治療できれば
一番いいのではないでしょうか。