治験を行うに当たり治験コーディネーターは欠かせない存在で、
CRCと呼ばれています。
治験コーディネーターの仕事内容は以下のようなものがあります、
治験の実施段階によってその業務内容は変わりますが、
治験全般でCRCは欠かせません。

<治験開始前>
治験開始前は主に資料作成や各部門との調整業務を行います。
治験業務フローから症例管理の資料、実施計画などの取りまとめが主になります。 

<被験者への対応>
被験者には様々な対応が必要になりますが、
これらもCRCの業務となります。
被験者への治験同意説明の補助から、相談窓口、緊急時の対応窓口、
診察や検査の立会い、スケジュール管理、服用状況管理、
副作用などの事象確認、コンプライアンスの確認など
上記以外にも様々な管理および確認業務をこなします。

<担当医師への対応>
担当医師への対応もCRCが行います。
同意説明に関する書類や補助をはじめ、被験者に確認しなければならない
症例や副作用、安全性などに関する書類または調査に関する補助を行います。

<各部門との調整など>
治験を行うには各部門との調整が重要になります。
説明会や、協力者との会議、薬剤部との調整、
検査、看護などとの調整など幅広い部門との調整を行います。

<依頼者への対応>
依頼者へ治験の状況報告をしたり、症例に関するフィードバックを受け付け
報告する窓口となるなど治験の結果処理を担当します。

このようにCRCは様々な業務を同時進行でこなす職業となります。
業務内容だけを見てもCRCがいないと治験が成り立たないことがよくわかりますね。